HOME > ブルーベリーについて > アントシアニンとは

ブルーベリーにはアントシアニンがたっぷり

アントシアニンは植物の赤や青、紫色を呈する色素のことで、多くの植物が有するありふれたものです。酵素が関係する有害な反応を弱める抗酸化物質でもあります。この抗酸化作用を、ガンや認知症の治療に応用するための研究も進められています。ブルーベリーには、このアントシアニンがたっぷりと含まれているため、ブルーベリーを使った健康食品も多数開発されています。

アントシアニンが目に良い理由

目の網膜には、見たものを電気信号に変換して脳に伝達するロドプシンという物質が存在しています。眼精疲労や加齢が原因でロドプシンは減少しやすくなり、減少すれば目が見えにくくなります。アントシアニンはロドプシンの合成を促すため、ロドプシン減少による目の不調を改善するとされています。「ブルーベリーが目に良い」というのは、つまり「アントシアニンを豊富に含むブルーベリーが目に良い」ということなのです。

このページのトップに戻る